白衣は常に清潔に保っておくことが大切~選ぶ時には慎重に~

病棟

ズボンに変わった理由

医者

病院内では、看護師の方が白衣を着て仕事をしています。看護師の白衣は、昔だとスカートにナースキャップがセットになったものが一般的でした。しかし、最近の病院にいる看護師の方は、スカート姿ではなくズボン姿をよく見かけることが多く、ナースキャップも被っている姿を見かけなくなりました。看護師の白衣がスカートからズボンになったのには、しっかりと理由があるのです。

病院では、人の命を預かっています。そのため、一分一秒でも気が抜けないのです。看護師の方は、患者さんの看病をするために様々な仕事があります。例えば、患者さんの健康を管理したり、リハビリに行く患者さんには車椅子を使用してリハビリ室まで運んだりなどが挙げられます。看護師がスカートの場合、患者さんを乗せたベッドや車椅子を運ぶ時にスカートが絡まってしまい、患者さんを怪我させてしまう恐れがあるのです。このような事故を避けるためにも、スカートではなくズボンになったと言われています。また、急用の患者さんが出た場合も看護師の方は早く駆けつけなければなりません。スカートよりもズボンの方が早く駆けつけられるということも1つの理由なのです。このように、患者さんの命を考えた場合、より動きやすい格好をしていないといけないため白衣が改良されたのです。しかし、ベッドや車椅子を使用しない病院や急用の患者がいないクリニックなどでは、ズボンではなくスカートの白衣が着られています。病院で働く看護師の方は、その病院内に合った白衣を着るようにしましょう。